目黒の不動産売却の一般的な流れ

目黒の不動産売却の一般的な流れをを紹介します。
まずいくつかの不動産会社に査定を出し、売却の宣伝方法や売り出し期間などの説明をうけ仲介の不動産会社を決定します。
そして充分に納得したら、媒介契約を結びます。
媒介契約にはいくつか種類がありますので、メリット・デメリットをよく検討してご自分に合った契約を選んでください。
媒介契約を結ぶと、不動産会社が宣伝販売活動を行います。
販売期間中は目黒の不動産会社より、状況が報告されます。
購入希望者が現れ、双方の条件で合意が得られたら、不動産会社立会いの下、売買契約を行います。
契約の段階で買主から手付金が支払われます。
抵当権の末梢など各種手続きをし、残代金の支払いをうけたら、不動産の引き渡しをします。

不動産投資物件の仲介や売買に興味がある方
企業詳細 >>

アーカイブ